貯金方法を見直してお金を貯める

お金を貯めることで、最も着実でリスクのない方法が貯金です。これはもちろん当たり前のことなのですが、その方法を工夫することによって貯金のペースが上がり、銀行から引き出すことも少なくなります。つまり貯金をする額を多く、引き出す金額を少なくするということによって、面白いようにお金が溜まっていく流れを作り出すことができるのです。通常は、給料が出たあとに予算別に割り振り、その中でやりくりをして残った金額を貯金するという生活スタイルの人が多いでしょう。毎月20万円の手取りであれば、家賃に5万円、食費に3万円とあらかじめ分けておくという方法は常識となっています。そうして残った金額を貯金していくこととなりますが、この方法では実はなかなかお金を貯めることができません。なぜならば、残っているお金があるとその分の余裕を見越して使いすぎてしまうというケースが多いからです。これは多くの人が経験していることではないでしょうか。いつも月末になると金欠になるという人は、あった分だけ使ってしまうという生活スタイルから抜け出せない状態になっているはずです。そこでもっと着実に貯める方法が、給料天引の財形貯蓄です。1ヶ月あたりとボーナス時に天引される金額を設定しておくことで、自動的にその分が別枠で預金され、差し引いた金額が振り込まれます。財形貯蓄はいざとなれば引き出す事もできますが、銀行に出向いて書類に記入するなどという面倒な作業が必要となりますので、貯めやすく下ろしにくい理想的なお金を貯める方法であるといえます。

お金の必須情報

新着情報

↑PAGE TOP

Menu